現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気解説

台風8号鹿児島に上陸

台風8号は午前7時前に鹿児島県阿久根市付近に上陸しました。
ただ、上陸したことも重要ではありますが、そればかりに気をとられてはいけません。
 雲を見ればその理由は明らか。
イメージ 1 

上陸はあくまで台風の中心だけの話で、台風の前面や梅雨前線付近にはすでに雲が広がっています。 

実際、台風は今、九州にありますが
四国や近畿の太平洋側、東北地方でも大雨となっていて
高知の宿毛では、午前4時ごろまでの1時間に71ミリという記録的な大雨も観測しています。

イメージ 2

つまり、なにが言いたいかというと、台風が近づく前から大雨になるおそれがあるということです。

 このあと、台風は東へ進み、関東にはあすの朝に最も接近する予想に。
台風が東へ進むにつれて、荒天エリアも広がりますから、台風が近づく前から早め早めに備える必要があります。

イメージ 3

【雨の予想】

イメージ 5

特に南側に開けた地域、いわゆる雨が降りやすい地域では、1時間に80ミリという猛烈な雨が降るおそれがあります。また、北日本では雨が長引くことで大雨になりそうです。

土砂災害警戒判定メッシュ情報(土砂災害発生の危険度を表したもの)を見ても、すでに土砂災害警戒情報の基準を超えている地域もあります。
これらの地域では、これから降る雨に対してより一層の警戒が必要です。

イメージ 4

 ただ、台風は上陸してからわりとスピードが速くなってきてるので、
意外と強い雨の降る時間は短いかもしれません。(北日本のぞく)
九州    お昼頃
四国    お昼過ぎ
近畿    今夜
東海    あす未明
関東甲信 あすの朝には雨のやむところが多いでしょう。

 【風の予想】あすにかけての最大風速(予想最大瞬間風速)
九州南部、九州北部地方、四国地方  25メートル(35メートル)
近畿地方              23メートル(35メートル)
東海地方、関東甲信地方       20メートル(30メートル)   

【波の予想】あすにかけて
九州南部、奄美地方、四国地方、近畿地方、東海地方 8メートル
九州北部地方、伊豆諸島              7メートル
関東地方                     6メートル  

これからは特に大雨に警戒が必要となりそうですが雨に慣れている地域の方も、レーダーナウキャストなどを利用して(http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/)最新の気象情報に敏感になっていただければと思います。 

タイトルとURLをコピーしました