現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気関係のお話

夏の夜に浮かぶダイオウイカ

イメージ 6
師匠・森田正光さんとダイオウイカ前で

ミッドタウン(東京・六本木)では、現在、上の写真にありますように
高さ15mを超えるダイオウイカの大型模型が展示されています。 
が、これ、ただの映像ではありません。


なんと、このイカに投影されている映像には、
ダイオウイカが生息する小笠原諸島(父島)の気象データが反映されているのです。 

イメージ 1
イメージ 2

 (この気象データは、弊社ウェザーマップが提供しております。) 

映像は全体で3分間。
探索、発見、神秘という3部構成になっており、1分ごとにシーンが展開していきます。

イメージ 3
イメージ 5
イメージ 4

【探索】海に深く潜るバクテリアが動き回る様子
【発見】ダイオウイカと出会う驚きを感じさせる様子
【神秘】神々しく光り輝く様子

この三部構成に沿うように、気象の変化とCGアニメーションをうまく連動させ、プロジェクションマッピング技術を使い、イカの模型に投影しているのです。  

ちなみに
気圧:ライティング
湿度:色の濃淡
風向:走ってるラインの向き
風速:バクテリアの動くスピード
気温:バクテリアの量
と連動しているようです。 


3日間の上映中、毎回上映ごとにリアルタイムの気象データを反映して映像が作られているため、同じ映像は二度と現れないそうです。 
21日(日)までの午後7~9時に、ミッドタウンで上映されていますので、見に行かれてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました