現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気解説

台風18号の影響は?

台風去ってまた台風・・・。
このブログで先々週は「台風16号が来るかも」、
そして先週は「台風17号が来るかも」、とお伝えしましたが
結果はご覧の通り。
いずれも広範囲での大きな影響はありませんでした。

<9月18日9時発表の予報円と実際の進路図>

イメージ 4
イメージ 1

 9月24日に温帯低気圧に変わりました。(ウェザーマップ 台風進路図を加工)

<9月25日9時発表の予報円と実際の進路図>

イメージ 5
イメージ 2

 9月30日に温帯低気圧に変わりました。(ウェザーマップ 台風進路図を加工)

ただ、今週月曜日に発生した台風18号はどうやらちょっと様子が違うようです。

イメージ 3

【予報円のどこを通っても影響あり】
16号・17号は一番日本から遠いコースを通れば影響なし、という可能性を含んでいましたが今回は最も南のコースを通ったとしても台風の雨雲がかかる所がありそう。
つまり上陸しなかったとしても、なにかしらの影響を受けることになりそうです。

【台風の勢力が強い】
すでに大型で非常に強い台風18号ですが、あすには中心気圧が930hpaまで下がる予想に。

今年、中心気圧が930hpa以下まで下がったのは台風8号(930hpa)、11号(920hpa)、13号(915hpa)。このうち13号は日本から遠かったため影響はありませんでしたが、8号・11号はいずれも日本に上陸。8号のときは沖縄県に特別警報が出たり、長野県・南木曽町で土石流が発生するなど各地に被害を与え11号も三重県に大雨特別警報が出されるほどの記録的な豪雨となりました。

まだ進路が定まっていませんので単純比較はできませんが、勢力の強い台風にはこれだけの威力があるということは確かです。

これらの2点を考慮すると、やはり今回の台風は早目から備えておいて損はないと言えそうです。
影響が出始めるのは日曜日頃から、来週にかけて広範囲で荒天になるおそれがあります。

今後もこまめに台風情報を確認しつつ、予定に幅を持たせるなどして臨機応変に対応できるようにしていただければと思います。

福岡 良子(ふくおか りょうこ)

タイトルとURLをコピーしました