現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気解説

【天気のポイント】2021年5月30日(日)関東は突然の雷雨に注意

きょう特に天気に注意が必要なのは関東。
晴れていても天気急変の可能性があります。

全国の天気

北日本は雨が降ったりやんだりでしょう。
東~西日本ではきょうも晴れて、暑さに注意が必要です。

天気図

きょうも梅雨前線がこの時期らしく先島諸島付近に停滞。
沖縄では雨が降るでしょう。

一方、上空に寒気が流れ込む関東~北日本は大気の状態が不安定に。
関東付近も天気図だけを見ると、高気圧に覆われるように見えますが、油断禁物。
上空に冷たい空気が流れ込むことで、冷たい空気は重いので、下に下がろうとします。
一方、地上付近は晴れて空気が暖められることで、空気が軽くなり、上に上がろうとする。
この両者の力が相まって、どんどん地上付近の空気が上に持ち上げられ、雲が発達するのです。
勢いよく這い上がった空気は雨を降らせ、場合によっては、雷や突風、ひょうをもたらします。

天気のポイント

天気急変のサイン

寒気が流れ込んで雷雨になるパターンは、どこかで雷雨になることはわかっても、ピンポイントでは予測不能。
可能性があるエリアでは備えが必要です。

黒い雲が近付いてくる
雷の音が聞こえる
冷たい風が吹く

これが積乱雲の近づくサインです。
目や耳で五感を使って雷雨に備えましょう。

きょうも真夏日に

30℃予想
→静岡、久留米(福岡)、日田(大分)、佐賀、熊本など

熱中症警戒ランクのエリアもちらほらと。
暑さ対策しっかりとしていきましょう。

週間予報

あすも関東は雷雨に注意が必要です。
次に広く雨が降るのは金曜日。
九州など西日本では木曜日から雨の降り出す所があるでしょう。
このタイミングでまだ梅雨入りしていない関東甲信、北陸、東北も梅雨入りとなるかもしれません。


福岡 良子(ふくおか りょうこ)

タイトルとURLをコピーしました