現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気解説

【天気のポイント】2021年6月10日(木)北日本でも真夏日に

きょうも暑さが続きます。
きょうは北日本でも30℃以上の真夏日が続出しそうです。

全国の天気

きょうも全国的に晴れて、強い日差しが照りつけそうです。
東~西日本は広く30℃以上の予想。
特に日本海側や北日本ではきのうより大幅に気温が高くなる所があるでしょう。

天気図

今回の高気圧の特徴は…
・動きがゆっくり
・勢力を強めながら東進
ということで、晴れが長持ちします。
高気圧の中心付近が一番、下降気流も強く、晴れますが、今回は中心が離れても広く安定して晴れそうです。
ただ東に進むことで風向きは変化。
高気圧は時計回りに風が吹いていますから、東に進むと、広く南寄りの風が吹くようになります。
その分、きょうはきのうより蒸し暑く感じられそうです。

あすになると高気圧の中心はさらに東へ。
相変わらず動きは遅いのでまだ高気圧圏内で晴れる所が多いですが、高気圧の中心から遠い西日本は高気圧パワー切れ。
雨の降る所がありそうです。

天気のポイント

北日本にも暖気流入

上空の暖かな空気は南風に乗って北日本にも流れ込んでいることがわかります。
また南風が吹き降りる日本海側ではフェーン現象も加わり、気温が高くなりそうです。

きのうの予想と比較してみましょう。
きょうはきのうと比べて日本海側や北日本にも30℃以上のエリアが広がっています。
熱中症警戒レベルも広範囲で黄色の表示で警戒ランク。
日本海側では厳重警戒という所も目立ちます。
こういった地域ではより一層、熱中症への対策をお願いします。

ごく一部でにわか雨も…

きのうは高気圧の中心が日本の真上にあってにわか雨もほとんどありませんでした。
きょうは中心が東へ進むため、ごく一部ではにわか雨がありそうです。
発雷確率も山沿いが中心ではありますが、夕方にやや高くなっています。

夕方の発雷確率
夕方の天気分布

週間予報

あすは西日本の一部で雨。
日曜日は傘マークが取れた所が多くなりました。
予報が安定していません。
まだ梅雨前線の位置が定まっていないからです。
最新の天気予報をこまめにご確認ください。

東京雲観測

東京の空をタイムラプスで24時間撮影しています。
バックミュージック:jizueのWind

【東京雲観測】2021年6月9日7時〜10日7時

福岡 良子(ふくおか りょうこ)

タイトルとURLをコピーしました