現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気解説

【天気のポイント】2021年6月23日(水)広く雷雨に注意

北海道~九州にかけて雷雨の可能性があります。
晴れ間があっても天気の急変に注意です。

全国の天気

北陸~東北中心に雨が降るでしょう。
そのほかの各地もマークになくても局地的に雨が降り、雷を伴って激しく降る所もありそうです。

天気図

沖縄付近に停滞していた梅雨前線がやや南下。
低気圧に向かって下層には南から暖かく湿った空気が流れ込む予想。
一方で、上空には強い寒気が流れ込んで大気の状態が不安定に。
そしてなんといっても気になるのが今夜の予想天気図に現れた台風。
きょう午前9時に台風5号が発生しました。

上空に寒気が流れ込む時は地上の天気図だけでは予想できません。
高気圧に覆われて広く晴れそうですが、上空の寒気はかなり強いまま。
あすも大気の不安定な状態が続きます。

天気のポイント

先週よりも強い寒気

先週も各地で大気の状態が不安定になり、各地で雷雨となりました。
雷雨をもたらしたのは上空の強い寒気。
ただ、その時よりも強い寒気があさってにかけて流れ込む予想です。
そのため、雷雨の起こりやすい状態が続くことになりそうです。

先週月曜日の午後3時の300hPaの気温の予想
あす午後3時の300hPaの気温の予想
きょう午後3時の300hPaの気温の予想
あさって午後3時の300hPaの気温の予想

発雷確率も広範囲で高くなっていて、雷注意報も全国的に発表されています。

台風5号が発生

今後発達しながら北上する予想。
週末にかけて日本の南に進んでくる可能性があります。
土曜日頃が発達のピークで、その後、勢力を弱めながら北上を続け、温帯低気圧に変わる予想です。
もし台風の直接の影響がなかったとしても、台風が梅雨前線に湿った空気を送り込んで大雨になることもあります。
今後の情報にご注意ください。

週間予報

金曜日までは晴れても突然の雷雨に注意が必要です。
週末からは梅雨前線が北上し、広く雨が降るでしょう。
特に太平洋側で雨が強まり、大雨となるおそれがあります。

福岡 良子(ふくおか りょうこ)

タイトルとURLをコピーしました