現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気解説

【天気のポイント】2021年7月3日(土)静岡・神奈川・千葉は記録的な大雨 厳重な警戒が必要

連日の雨で静岡、神奈川、千葉で記録的な大雨になっています。
雨のピークは過ぎましたが、土砂災害の危険度はまだ高く、川の水位も高い状況が続いています。
崖や川には近づかないようにしてください。

全国の天気

きょうもきのうと同じように西~東日本の太平洋側中心に雨で、激しく降るおそれがあります。
愛知や静岡では非常に激しく降る所も。
また、マークにない所でも急にざっと雨が降り、雷を伴う可能性もあります。

天気図

大雨をもたらした梅雨前線は停滞。
夜にかけては西日本で北上する予想に。
前線上の低気圧もきのうの予想より発達する予想に変わってきました(きのうの予想では3日21時は1000hPaだった)。
その分、湿った空気の流れ込みも強まる可能性があります。

あすは東日本付近でも前線が北上。
低気圧も日本海を東進する予想で、低気圧は掃除機の役割をしますから、雨雲のエネルギー源である暖湿な空気を吸いこんで、西~東日本の雨を強める可能性があります。

予想雨量にも、九州北部や北陸が入ってきています。
あす以降は日本海側でも大雨のおそれがあります。

天気のポイント

静岡~千葉は記録的な大雨に

左の図はきのう朝の時点の24予想降水量。
右の図はきょう朝までの24時間降水量。

箱根は500㎜近い雨が降り、予想の2倍以上の雨が降っています。

雨がやんでもまだ土砂災害が発生するおそれがあります。
土砂災害の危険度は極めて危険な状況が続いています。
これまでにも大雨のあとに遅れて土砂災害が発生したこともあります。
油断せず、安全な場所で過ごしてください。
危険な場所には近づかないでください。

南西諸島は梅雨明けラッシュ

きのうの沖縄に続き、きょうは奄美地方が梅雨明け。
沖縄は5月5日に梅雨入りしてから約2か月という、平年よりも2週間以上も長い梅雨となりました。
那覇の6月の降水量は893.5mmで観測史上1位の記録になるなど、平年より雨量も多くなりました。

週間予報

日曜夜~月曜日にかけて九州北部~山陰でまた線状に雨雲が発達するおそれがあります。
その後も、梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだり、前線上に低気圧が発生する影響で、西日本や東日本中心に雨の降る日が多くなります。
雨が強まり、大雨となるおそれがあるので油断できない状況が続きそうです。

東京雲観測

東京の空を24時間タイムラプスで撮影しています。

【東京雲観測】2021年7月2日7時~3日7時

福岡 良子(ふくおか りょうこ)

タイトルとURLをコピーしました