現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気解説

【天気のポイント】2021年7月7日(水)島根・鳥取に線状降水帯 あすにかけても厳重警戒

島根~鳥取は線状降水帯による大雨で、すでに災害が発生していてもおかしくない状況です。
命に危険が及ぶ土砂災害や洪水による災害発生の危険度が急激に高まっています。

全国の天気

広く雨が降り、中国地方から近畿、北陸、東北では激しく降る所もありそうです。
関東も雨が降ったりやんだりでしょう。
東海や四国、九州も雷雨に注意が必要です。
きょうも気温が高く、湿度も高いのでかなり不快な暑さになりそうです。

天気図

日本の南の高気圧の勢力がが強いです。
さらに梅雨前線が本州に停滞し、前線上の低気圧が北陸沖を東に進んでいます。
前線や低気圧に向かって、太平洋高気圧の縁を回って下層にはかなり暖湿な空気が流入。
(6日21時の850hPaのθeは福岡で350K、松江で348K)
前線の活動が活発になり、前線に近い山陰沖や低気圧東側の北陸地方~東北南部で雨が強まっています。

北陸沖の低気圧は次第に不明瞭化。
そのため、低気圧による東北の雨も午後には次第に弱まる予想。
一方、関東の東には別の低気圧が発生して東進。
低気圧や前線に向かってかなり暖湿な空気の流入が続くため、前線の活動も活発な状態が続きそう。
先日大雨となった東海でも雨が強まりそうです。

あすにかけて気圧配置に大きな変化は見られません。
西~東日本の日本海側を中心に大雨のおそれがあります。
土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に引き続き警戒が必要です。
落雷や突風、降ひょうにも注意。

天気のポイント

まだ大雨続く

日本海は湿った空気の通り道となっています。
明け方からは山陰で記録的な大雨となり、大雨に関する情報も相次いで発表されました。

5:09 顕著な大雨に関する情報(島根)
5:47 記録的短時間大雨情報(松江市付近で5:40までの1時間に約100ミリ)
6:50 緊急安全確保(意宇川が氾濫するおそれ。松江市八雲町日吉地区に発表)
6:59 顕著な大雨(鳥取・島根)

きのうから約1日経って、日本海側はさらに雨量が増えています。

大雨警報の範囲もきのうから広がってきていて、島根・鳥取には土砂災害警戒情報も発表されています。
このあとも雨が続くため、情報を待たずにできるだけ安全な場所で身を守る行動をお願いします。

10日ごろにかけて大雨となりやすい状態が続く予想。
今後も雨の降り方に警戒を続けてください。

東海でも雨が強まるおそれ

局地的な雷雨がありそう。
わずかな雨でも新たな災害につながるおそれがあります。
また、蒸し暑くなるので、復旧作業をする際は引き続き体調管理に注意が必要です。

週間予報

日曜日にかけて雨の降る所が多いでしょう。
土曜日頃までは梅雨前線の活動は活発な状況が続きそう。
特に日本海側中心に大雨となるおそれがあります。
これまでですでに大雨となっているため、引き続き厳重な警戒が必要です。


福岡 良子(ふくおか りょうこ)

タイトルとURLをコピーしました