現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気解説

【天気のポイント】2021年7月12日(月)きょうも雷雨に注意

きょうも全国的に大気の状態が不安定です。
局地的には非常に激しい雨の降る所がありそうです。

全国の天気

東北~山陰中心に雨が降るでしょう。
その他の各地もマークになくても雷雨になる可能性があります。
気温はきょうも高く蒸し暑さが続きそうです。

天気図

高気圧が日本の南にあってきょうもほとんど位置を変えません。
この夏の高気圧圏内にあたる九州は晴れますが、高気圧が弱弱しいので、きょうも安定して晴れない予想。
前線も大きく位置を変えず、高気圧のふちを回って暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の不安定な状態が続きそうです。

あすはついに前線が消滅。
ただあすも天気は安定しそうにありません。

天気のポイント

山陰~東北では大雨に

湿った空気に加えて、上空の寒気の影響を大きく受けている山陰~東北ではすでに大雨となっています。
4時30分には秋田の太平川に氾濫危険情報が発表されましたし
8時40分には鳥取の法勝寺川に氾濫警戒情報が発表されています。
また10時までの1時間に島根の雲南市付近で約100ミリの雨が降ったとして、記録的短時間大雨情報も発表されました。
雨雲を流す上空の風が弱く発達した雨雲がかかりやすい状況です。

太平洋側も午後は雷雨に

地上付近の気温が上がる午後は太平洋側でも雷雨のおそれがあります。
特に関東付近は発雷確率が高い。
きのうのように天気が急変して局地的に大雨となりそうです。

週間予報

きのう九州南部が梅雨明けしました。
今週は夏の高気圧が強まるため、各地で梅雨明けが発表されそうです。
ただ晴れても急な雷雨の可能性があるため、西~東日本では天気の急変に注意が必要です。



福岡 良子(ふくおか りょうこ)

タイトルとURLをコピーしました