現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気解説

【天気のポイント】2021年7月29日(木)東日本~東北は局地的な大雨に

明け方から相次いで記録的短時間大雨情報が発表されています。
このあと日中も大気の不安定な状態が続きそうです。

全国の天気

マークになくても局地的に雨が降り雷雨になるおそれがあります。
特に東日本~東北は大気の状態が不安定で降れば非常に激しく降る大雨になるおそれがあります。
西日本はきょうも晴れて35℃以上の猛暑日になる所がありそうです。

天気図

台風8号から変わった低気圧はほとんど位置を変えません。
低気圧に向かって下層に湿った空気が流れ込んできのうと同じような天気が続きます。
きょうも局地的な雷雨に注意が必要です。

あすになっても日本海にはまだ低気圧がありほとんど動いてません。
あすも不安定な天気が続きそう。
南海上の熱帯低気圧もじわじわと北上してきていて今後の動きに注意が必要です。

天気のポイント

きょうも広く大気の状態不安定に

明け方から相次いで記録的短時間大雨情報が発表されています。
雨雲自体は小さいけど、中層の風が弱くあまり動かないので、ひとたびかかると同じ場所で大雨が続くおそれがあります。

広範囲に雷注意報も発表中。
発雷確率もきのうに続き高くなっています。

500hPaで-6℃以下の寒気を伴う切離低気圧が秋田沖にあり、300hPaにも-33℃以下の寒気を伴いほとんど停滞。また、台風8号から変わった低気圧が秋田沖をゆっくり西進。低気圧に向かって流入する下層暖湿気と、上空の寒気の影響で大気の状態が不安定になっています。

きょうも蒸し暑い

おとといに続いて、きのうも北海道では記録的猛暑でした。

きのうの最高気温の全国トップ10のほとんどが北海道。
観測史上一番の記録を多くの地点で叩き出しています。

きょうも厳しい暑さが続きます。
北海道の暑さはトーンダウンする予想ですが、相変わらず湿度が高く不快な暑さが続きそうです。
熱中症に備えましょう。

週間予報

この先も状況は大きく変わりません。
日本周辺には暖かく湿った空気が流れ込み、上空には寒気もあるため、大気の状態が不安定になり、雨雲が発達しやすい状況が続きそう。
湿度が高いため、体にこたえる蒸し暑さも続くことになりそうです。
また、来週にかけて太平洋高気圧が東から日本列島を覆うため、日本の南の海上は気圧が低く。このため、低気圧が発生しやすい傾向です。日本の南の海上には今後も注視が必要です。


福岡 良子(ふくおか りょうこ)

タイトルとURLをコピーしました