現在サイト更新作業中です。見づらくて申し訳ございません。
天気関係のお話未分類

梅雨を占う花<part2>

今週は梅雨入りラッシュ!
月曜日は九州で、火曜日は四国、水曜日は中国・近畿・東海で梅雨入り。
そしてさきほど、関東甲信・北陸地方も梅雨入りしたと見られると、気象庁より発表がありました。

この梅雨と意外に関係が深いのがこちら。

イメージ 1

これ、ただの木に見えますが、実は“クリ”の木。
きのう、皇居の近くにある北の丸公園で撮影しました。

イメージ 2

この木の上の方をよーく見てみると、花が!
ご存知の方も多いかもしれませんがこのクリの花、ちょうど梅雨入りの頃に散っていくことで知られています。

そして、きのう見に行ったときもちょうどクリの花が一面に落ちていました。

イメージ 3

このことから「墜栗花」と書いて「ついり」(“梅雨入り”という意味)と読んだり
「栗花落」と書いて「つゆ」と読む苗字の方なんかもいらっしゃるようです。

ちなみに天気(あまぎ)という姓もあるんだとか。
栗花落さんに天気さん。
私の職業的にはちょっと憧れちゃう苗字です。

イメージ 4
イメージ 5

花の大きさは私の顔くらいありましたよ~!

北の丸公園に行ったついでに去年のちょうどこの時期にこのブログで紹介したタチアオイも見てきました!(その時のブログ「梅雨を占う花」→http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/archive/2013/6/8)
下の花が咲くと梅雨入り、てっぺんの花が咲くと梅雨明けの目安といわれていますが・・・

去年

イメージ 6

今年

イメージ 7

まだつぼみもたくさんありましたが今年も相変わらず、もうすでにてっぺんまで咲いておりました。
あれ、もう梅雨明け・・・?

あくまで目安ということなんでしょうね(笑)

さて、梅雨を占う花たちもびっくりするくらい梅雨入り早々記録的な大雨となっていますが、
この大雨はまだ長引きそうです。

【予想雨量】(あす朝まで・多い所で) 
東海地方      200ミリ   
関東甲信地方    150ミリ 
四国地方、近畿地方 100ミリ

西日本と東日本の太平洋側では、あすにかけても局地的に非常に激しい雨の降るおそれがあります。
土砂災害や河川の増水、はん濫、低い土地の浸水に警戒してください。

タイトルとURLをコピーしました